高濃度マイナスイオンとマイクロナノバブルによる 
ピュアナチュラルスキン&ヘアケア
Micro Buble & Dog Spa System
「バブスパ」パワーを実証

~ 目に見えないからこそ信頼をお届したい ~

イメージ画像
マイナスイオン発生メカニズム

「パブスパ」のシャワーヘッドによって、水が急激に微粒化されると、大きな水の粒子はプラスに電気を帯びて落下、小さな水粒子はマイナスの電気を帯びて周りの空気もマイナスへと変化させます。これをレナード効果といいます。

「パブスパ」では、この働きが強く、高濃度のマイナスイオンを発生させるため、さまざまな効果を期待できます。

[レナード効果]

微粒子のなかにはマイクロバブルとマイクロナノバブルが存在していて、バブル縮小過程では、バブルを取り巻くマイナスイオンがバブルの圧懐・消滅を防ぎ超極細胞へと縮小する役割を担っています。

●「バブスパ」マイナスイオン濃度(条件:室温21度、湿度40%)
大気中マイナスイオン数106/cc
測定距離20cmにおいて=253.200/cc

レナード効果

[期待できる効果]

ストレス解消
ストレス軽減・リラックス
チリやホコリを除去し空気清浄
チリやホコリを除去し空気清浄
動植物の成長促進、活性酸素の軽減
動植物の成長促進
活性酸素の軽減
生鮮食料品などの鮮度保持
生鮮食品などの鮮度保持